読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンGOのながら運転を防ぐ対策案について考察してみた

前回のエントリの続きです。

実際に車上でポケモンGOをやってみた結果と、対策案に必要なこと - papaopao's diary

 

www.youtube.com

一晩経ったらまた別の騒動が起きました。こちらは被害者がいなくてまだましですが。

 擁護派の意見を見ていると運転手が悪い、というのはやはり自分とも共通した意見なのですが、ではどうするべきか、という点において具体的に答えてる人は少ないと思います。先のエントリにも書きましたが答えてる人の意見をまとめると「ながらスマホの厳罰化」「厳罰化や広告などによる意識啓発」「免許取得の難化」「自動運転など車側のシステム改良」あたりでしょうか。僕もそれはしたほうがいいと思います、でもポケモンGOが「運転中にやりたくなるバカの欲求を抑えるための対策」や「ポケモンGOを運転中にも安全にプレイできるような対策」をしない理由にはならないと思うのですね。

 飲酒運転を例にして見ても他に出来ることからコツコツとやってきたわけじゃないですか。ノンアルコールビールの開発も「飲みたくなるバカにならないよう欲求を抑えるための対策」ですよ。今はそういった方向からの対策が行きづまって、アルコール検知装置の実用化などを数年後に待ってる状況で歴史的にはずっと販売企業は対策を検討してきたわけです。

 携帯で考えるならハンズフリー通話だって対策の結果ですよね。うちの車はBluetoothでカーナビと繋がって電話がかかってたらハンドル付近のボタンを押すだけで運転に支障なく電話に応答出来ますよ。携帯電話での通話しながらの運転は昔は対策が行きづまっていたけども、Bluetoothで対策の道が開かれ、企業が開発を進めたということですよね。これは「そもそも運転中の通話は禁止!」という立場に思考停止しなかったからなわけで、「ポケモンGOを運転中にも安全にプレイできるような対策」をなぜ検討しないのでしょうか。

 じゃあ他のスマホアプリも危険だからそれについてはなぜ言及しないんだって今度は言うかもしれないけれど、それは行き詰まってるからですよ。僕には上に挙げた厳罰化などの方法や、スマホアプリを全面禁止するような乱暴な規制以外に方法は浮かびません。比べてポケモンGOはまだver0.43.4の発展途上だし、ジャンルとしての位置ゲーも発展途上じゃないですか、対策の余地は本当にないのですかね、GPSのついたゲームだからこそ出来る対策あるだろうし、そういう思いでこのエントリで例を書きました。その上でそれを超える対策を取ってくれるだろうとNianticに期待してます。

 圧力が不当であろうとなんであろうとNianticが「世間様」の圧力に応えなければいけない流れはおそらく避けられないでしょう。ただ、僕はここでNianticの採る基準は今後の位置ゲーム全般やマップアプリ全般の基準になりうる強い影響力を持つと思っています。それはポケモンGO一アプリだけの一時的な対策というよりはある種包括的な対策と十分言っていいものでしょう。どうせ、避けられないのならば効果的な対策を採用するべきだし、それはユーザーにとって損のない対策であるべきと思います。

 

続きを読む

はてブ非表示設定を直した

昔、はてブ非表示機能について調査していた名残ではてブ非表示になったまま放置してました。

はてブ非表示機能についてもエントリ書きたかったのを思い出した。

ブログ書こうかなぁ、と。

自分は作文となると小学生の頃から一番最後まで書けない子でした。

ずっとはてなブックマークはやってきたんだけど、そういうわけでブログは書いてこなかったわけです。

だけど最近ちょっと色々思ったことを文章にして公開したい、という欲求が増してきました。歳のせいかな。

それでも途中までテキストエディタで書き留めてはそれでもう満足したり、公開したいなぁ、と思っても時期を逸したりしてたのですが、

フォントとかの体裁整ってないし文章も下手だけれどもポケモンGOでとりあえず吐き出せたので、これもいいタイミングと思ってブログ始めたいと思います。

毎日書けるかなぁ、辛いなぁ。

実際に車上でポケモンGOをやってみた結果と、対策案に必要なこと

はじめに

www.asahi.com

ポケモンGOが絡んだ事故が起きて、これで日本での死亡事故は2件目、ただただ悲しいと感じます。

一方で事故を受けて規制強化の動きが活発化しています。

www3.nhk.or.jp

 

この話になるとはてなブックマークでは意見が二分されます。一方をポケモンGO擁護派、もう一方をポケモンGO批判派とすると次のような意見になっているように思えます。

擁護派

・既に速度制限や確認画面などで対策はされており、これ以上の対策はゲーム性を大いに阻害するからやめてほしい

・既に速度制限や確認画面などで対策はされており、これ以上の対策はスマホOSレベルの話であり一企業では技術的に無理だ

・既に速度制限や確認画面などで対策はされており、これで十分であり、これ以上は運転手側の問題だ

・他のスマホアプリも同条件なのにポケモンGOだけ槍玉に挙げられるのは公平ではないし、根本的な対策にならない

・根本的な対策には、教育面ではながらスマホの厳罰化や教習所教育や試験の難化が、システム面では自動運転などが必要だ

批判派

ポケモンGOは他のスマホアプリに比べて、ながらスマホを引き起こしやすいのだから特別な対策が必要だ

・現在の対策はバカがプレイするには不十分であり、Nianticは追加的な対策をする必要がある

 

僕は批判派の意見を持っていますが、規制派ではありません、バカのせいで過剰に規制規制となるのは嫌だなぁ、という思いもあります。

現在のポケモンGOに擁護的でも批判的でも、もしゲーム性を阻害しないでNianticに今事故を減らせる対策があるなら進めて欲しい、という思いは多くの人で一致できるでしょう

そこでこのエントリでは実際に車上でポケモンGOをプレイして対策が不十分であることを示し、Niantic社が取れるであろう対策について考察することで、どのような対策が効果的でゲーム性を阻害せず望ましいかについて検討したいと思います。

 

 

続きを読む